クロスバイク

【実体験】クロスバイクのお尻・股下の痛みを改善する3つの方法

クロスバイクに乗り始めた初心者の誰しもが通る道が、「お尻や股下の痛み」です。

僕も自転車に乗り始めたばかりの頃は、かなりお尻の痛みに悩まされました。

しかし、今では以前ほど痛みを感じることはありません。

僕が実際にやったお尻、股下の痛み対策をお教えします。

お尻と股下の痛みを改善する方法

方法は、3つあります。

  • サドルの位置やサドルそのものを変える
  • サイクルインナーやレーパンを履く
  • とにかく漕ぎまくる

僕はサドル交換はやってないのですが、それ以外の方法は全て試しました。

その結果、今では100km以内くらいであればお尻の痛みはほぼ気にならなくなりました。

サドルの位置やサドルそのものを変える

まず、一番最初に試してほしくてかつ即効性があるのがサドルの位置変更です。

言うまでもなく、サドルが高すぎると体の重みが股下に集中します。その結果、お尻が痛くなります。

なので、まず最初にやるべきはサドルの高さ調整です。足の付根の血流が止まる感覚があると高すぎなので、丁度よい高さになるよう調節してみてください。

目安としては、ペダルが6時(真下)に来たとき膝がほぼ真っすぐ(少し膝が折れる程度)くらいにすると良いです。

サドルの位置は六角レンチさえあれば簡単に変更できますから、是非やってみてください。

 

もしサドルの位置を調整してもだめなら、サドルそのものを変えてみましょう。

お尻の形は千差万別なので、今使ってるサドルがお尻にフィットしていない可能性は十分あります。

「サドル選びは終わりなき旅」と言われるくらいです。フィットするサドルを見つけるのは簡単ではないでしょう。

しかし、「このサドルに出会えて知りの痛みが完全に消えた」という羨ましい声も聞きますから、探しに行く価値は十分あると思います。

ちなみにサドルに関しては他のパーツと比べて相性に依る部分が大きいので、高ければ良いというものでもありません。

また、クッション代わりにサドルカバーというものもありますが、あまりおすすめしません。

僕の友達が使っていたけど、あまり効果がないと言っていたからですw

サイクルインナーやレーパンを履く

僕がやってみて、お尻の痛みに1番効果を感じたのがサイクルインナーです。

サイクルインナーはお尻の部分にクッションが入ったボクサーパンツみたいなもの。

これを履くようになってから、お尻が痛みだすまでに漕げる距離が増えました。

以前は50kmくらいでお尻が悲鳴を上げていたのが、80〜100kmくらいまで「ちょっと痛いな」程度の痛みで乗り切れるようになったのです。

ただし、このインナーがあればどれだけ漕ぎ続けてもお尻が痛くならないわけではなさそうです。

以前のように「お尻に擦り傷ができたような痛み」はないのですが、お尻に圧迫感がないのかというと全くそんなことはありません。

おそらくこのサイクルインナーを履いていても、150キロも漕げばまたお尻が痛くなっていたことは想像に難くありません。

しかし、1300円程度の商品の割に効果は十分感じられて満足しています。

とにかく漕ぎまくる

1番根本的な対策はこれ。お尻の痛みが出なくなるまでとにかく漕ぎ続けることです。

不思議ですが、何キロも自転車に乗り続けているとお尻は痛みに慣れ、強化されていきます。

自転車に限らず、継続して行っていたら苦痛に感じていたことが段々楽になっていったことってありませんか?

そんな感じで、自転車もたくさん乗ればお尻の痛みはだんだんと消えていきます。

なので、最初のうちはちょっと痛かったとしても、とりあえず続けてみましょう!

1000kmくらい走れば変わってきます。

僕も乗り続けた結果、今ではサイクルインナーなしでも50kmくらいならお尻の痛みを感じずに走ることができるようになりました。

まあいくら慣れても200kmとかすごい距離を走り続けたら痛くはなると思いますがw

まとめ

お尻や股下の痛みを軽減する方法は

  • サドルの位置調整/サドルを変える
  • サイクルインナーやレーパンを使う
  • ひたすら乗り続ける

です。

ここにあることをやっても痛みを全く感じなくなることはありませんが、確実にある程度は改善すると思います。

これでもだめならそもそもフレームサイズが合っていない可能性もあります。

https://skcnat.info/frame-size-is-important/

フレームがあってなかったとしても、自分の体に合わせることはできますから、色々と工夫していきましょう。

クロスバイクに関する関連記事

クロスバイクに関する記事が埋もれていて見づらかったので、全てジャンル毎に一覧にしてまとめました。

https://skcnat.info/crossbike-category/

他の記事を探す際には参考にしてみてください。