クロスバイク

おすすめ!一番簡単なクロスバイクのブルホーン化の方法とメリットを紹介

クロスバイクを買って、ちょっとしたカスタムをしてみたいと思ったあなたにおすすめなのがブルホーンハンドル化です。

この記事ではブルホーン化後1ヶ月くらい乗り続けてわかったブルホーン化のメリットとデメリットと、僕が実際にやった一番手軽なブルホーン化のやり方を書き残していきます。

結論からいうと、どちらかといえばブルホーン化してよかったです。ただ、メリット:デメリットは2:1くらいで、それなりにデメリットもあります。

手放しでブルホーン最高!!というわけじゃないので注意ですね。

ブルホーンにしようかなと考えている人の参考になれば幸いです。

【追記】2019/05/31

ブルホーンバーのクランプ径があってなかったのでこちらのブルホーンバーを新しく購入し直しました!

https://skcnat.info/bullhorn-custom-clamp-diameter/

そもそもブルホーン化とは?

そもそもブルホーン化というのは、フラットバーハンドルを牛の角みたいな形にカスタマイズすることを指します。

ハンドルの形が牛の角みたいに見えるからブルホーンといいます。

では、ブルホーン化するとどういうメリット、デメリットがあるのか書いていきます。

ブルホーン化のメリット

見た目が格好良くなる

ブルホーン化のメリットの半分はこれ、見た目がかっこよくなること!!

ブルホーン化することで、見る人に対して、ハンドルが曲がってる=いかにもスポーツバイクっぽいという印象を与えられます。

ストレートバーハンドルだとスポーティな印象はあっても、「いかにも自転車乗り」的な雰囲気は出ません。

もちろんハンドルが曲がってるだけで実際はただのクロスバイクなので乗ったら変わらんのですが、見た目が変わることで随分と所有欲が満たされるようになったのも事実。

ついこないだちょっと自転車好きの友達とサイクリングをしたときも「いいなあロードバイク」みたいなことを言われましたw

以前にも増して、自分はカッコいい自転車を持ってるんだ!と思えるようになったことはブルホーン化の大きなメリットだと感じました。

姿勢を変えられて長距離がラク

ブルホーン化したいと思った一番の理由がこれ。

ブルホーンの角部分を持つことで、より前傾姿勢をとりやすくなる結果、空気抵抗が減り、ロングライドが楽になると聞いてブルホーン化をすることに決めました。

実際乗ってみてどうだったのかというと、ブルホーンの良さはあまり実感できませんでした。

それ以上に、持ち手を変えることができるというのが大きなメリットだな、と感じました。

というのも、ロングライド時、フラットバーのように手の同じ場所に同じ負荷がかかる状態でいなきゃいけないと手が疲れるし、上体の姿勢も変えられずとても疲れるんですよね。

イメージは長距離の夜行バスでずっと同じ姿勢で座り続けるのが苦痛なのと同じ感じ。

これがブルホーンハンドルになると

  • フラットバー部分を握るもよし
  • 疲れたら角の根本(曲がってる部分)を握るもよし
  • 更に姿勢を変えたいと思ったら角の先端を握るもよし

姿勢を変えるバリエーションが増えるわけです。

先の夜行バスの例えで言えば、後ろまでスペースがあいてリクライニング機能が付いたようなもの。

リクライニング機能がなくたって、短距離の路線バスだったらそんなに気になりませんが、これが夜行バスだとめちゃくちゃ有り難いですよね。

ブルホーン化も同じで、短距離だとあってもなくてもそこまで変わりませんが長距離になると姿勢を変えられることがとても有り難くなります

これがブルホーン化のメリットの残りの半分といっても過言ではないでしょう。

https://skcnat.info/disc-brake-ajust/

↑このときにすごく実感しました。

3000〜4000円程度と安くできる

これは本質的にはメリットと言えないかもですが、ブルホーン化は3000〜4000円程度と、クロスバイクでできる種々のカスタムの中では非常に安価なカスタムと言えます。

僕が今まで自転車に費やした金額に比べればほんとうに大したことありません。

僕もブルホーン化に使ったのは

  • ブルホーンバー(2000円)
  • バーテープ(1500円)
  • 六角レンチ(108円)
  • プラスドライバー(家にあったので無料)

だけで、4000円もかかってません。

なんならバーテープはもっと安いのもありますし、ブルホーンバーだって探せばもっと安いのがあるかもしれません。

半日バイトすればお釣りが返ってくるくらいのお気軽な気持ちでカスタムができます。

ただし、これは僕と同じくブレーキやシフターをそのまま流用するブルホーンカスタムの場合の金額です。

エビホーンにしたりちゃんとブレーキやシフターをSTIレバーにする場合はもっとお金がかかりますからご注意ください。

ブルホーン化のデメリット

アクセサリーがつけづらくなる

これが最大のデメリット。

僕のやり方(ブレーキやシフターを流用してフラットバー部分に装着する場合)だと、とにかくハンドル部分が狭くなります。

このせいで、ライト、スマホホルダー、アクションカムなど、ハンドルに何かアクセサリーをつけたいと思っても付けられんのです!!

細長くて横幅をとらないものであればなんとかブレーキやシフターに寄せてつけることで邪魔にならない位置に収められるのですが、、

スマホホルダーのように幅をとるもの、アクションカムのように固定具がブレーキやシフターに干渉するものはもうお手上げ。

さすがにアクセサリーをつけるためにブレーキやシフターを捨てるのは走りづらすぎるので、諦めてこういうやつを買いました。

これにしたことでなんとか綺麗に収めることができましたが、多分フラットバーだったらこんなもの買わなくても何とかなったんだろうな、と思うとちょっと勿体無い気もします。

ただ、こんなものを買ってまでブルホーンにしたかったということでもあります。

【追記】2019/05/31

アクセサリーマウントを購入したことで、狭いスペースであっても色々と取り付けられるようになりました!

https://skcnat.info/column-accessory-mount/

【追記】2020/03/07

ホイール横にもマウントを追加したら、ハンドルが狭い問題はだいぶ解決しました!

https://skcnat.info/kcnc-accessory-mount-review/

取付作業が意外に大変

一度取り付けてしまえば外すことはそうそうないのですが、取り付けは意外に面倒です。

自転車素人の僕でもなんとかなったという意味では簡単かもしれませんが…。

ハンドルのクランプ径を自分の自転車に合わせて選んだり、外径を手持ちのシフターやブレーキに合わせて選んだりするのは僕には少しハードルが高かったようで、実際にクランプ径を間違えましたw

https://skcnat.info/bullhorn-custom-clamp-diameter/

また、ハンドルにブレーキやシフターが通らなかったり、うまくボルトを閉められなかったりしたので結構時間がかかりました。

角部分からブレーキ、シフターに手が届かない

これが2番目のデメリット。

ブルホーン化といっても僕のやったような簡素なものだと、角部分を握ったときにブレーキやシフターに手が届きません。

フラットバー部分にブレーキやシフターが付くからです。

なので、見通しが悪い道や歩道など人が多い道では角部分を握れません。危ないからです。

当初ブルホーン化するにあたって、これが一番のデメリットかなと思っていました。

しかし、実際に乗ってみるとそこまで問題ありません。

自分の乗り方だと、見通しの悪い場所や人がいないところでは角部分を握ろうがフラット部分を握ろうがそもそも怖くてあんまりスピードを出しません

僕が角部分を握ってスピードを出すのは

  • 見通しの良く自転車が車道側に寄っても大丈夫なくらい広い道路
  • 見通しが良く車通りが少なく自転車が車道に寄っても大丈夫な道路

だけです。

つまり、安全そうなら飛ばす、安全じゃなさそうなら常に減速、こんな感じで走っているとブルホーン部分にブレーキが無くてもそこまで問題にならないことがわかりました。

ただし、それでもより安全を重視したい場合にはちょっと難易度と値が張るSTIレバーに変えるカスタムにしたほうが良いかもしれません。

一番手軽なブルホーン化の方法と手順

それでは、実際に僕のやった方法でブルホーン化をする方法を紹介していきます。

僕がやったのはいちばん簡単な方法なので、もう少し手間や費用がかかるエビホーン化やSTI化については別のサイトを参考にしてください。

ブルホーン化には色々種類がある

まず前提として、ブルホーン化には様々な種類があります。

そして、この記事で解説しているのはそのうち最も簡単で安く手軽にできる方法です。

具体的には、フラットバーハンドルのブレーキとシフターをそのままで同じ場所に流用するやり方ですね。

この方法は安く簡単にできる反面、先にも書いたように

  • 角部分を握るとブレーキに手が届かない
  • ハンドル中心のスペースが非常に狭い→アクセサリー類が取り付けにくい

というデメリットがあります。

ただ、実際に体験した僕からすると

  • 角部分を握るとブレーキに手が届かない→見通しの悪い道で角部分を握らなければ大丈夫
  • ハンドルが狭い→ハンドル上のスペースを拡張するアイテムを使えばなんとかなる

といった感じなので、上記のデメリットはそれほど致命的ではありません。

ただ、金や時間、知識や技術があるなら他にもいろいろな方法があるので、他の形態の本格的なブルホーン化をしたい方は別の方のブログを見て自分のやりたいブルホーン化をやったほうが良いです。

ブルホーン化の種類についてはこの方のブログがとてもわかり易いので参考にしてみてください。

https://boku-tusin.com/?p=2151

ブルホーン化に必要なもの

ブルホーン化に必要なものは以下の通り。

  • ブルホーンバー(径に注意)
  • バーテープ
  • 六角レンチ
  • プラスドライバー

基本的にこれさえあれば、僕と同じやり方のブルホーン化ならすぐに可能です。

以下にそれぞれ僕の使った物のリンクを置いときますね。六角レンチは百均で買いました。

プラスドライバーは家にありましたw

ブルホーン化の手順

ブルホーン化の手順の全体像はこんな感じ。

  1. ブルホーンバーを購入する
  2. ハンドルグリップを外す
  3. ブレーキやシフターを外す
  4. ハンドルバーを外す
  5. ブルホーンバーをステムに通す
  6. バーを固定する前にブレーキとシフターを通す
  7. ブルホーンバーを仮止めする
  8. ブレーキとシフターの位置を確認する
  9. ブルホーンバーを固定する
  10. ブレーキとシフターを固定する
  11. バーテープを巻く

以上です。

たくさん工程があるように見えますが、手順を間違えるとちょっと面倒だから細かく工程分けしているだけで、実際はそんなに長丁場にはなりません。

ここに書いた手順通りにやればそんなに難しくないのでぜひやってみてください!

ブルホーンバーを購入

まず、ブルホーンバーを購入しました…が僕はこの段階でいきなり失敗しました。

https://thorikiri.hatenablog.jp/entry/2018/05/24/140000

何も考えずこの方のブログと同じブルホーンバーを購入したところ、ステム(ハンドルを取り付けるところ)の太さと、ハンドルの太さが全然あっていませんでした

ステムの径をちゃんと確認していなかったのです。今考えればほんとに大バカですね。

僕の乗ってるグランスピード80-MDのステムの内径は31.8mmという規格ですが、僕が購入したブルホーンバーは径が25.4mmでした。要するに太さを間違えました。

これじゃはまるはずもありませんから、ステムにはまるように太さを調整するシムを噛ませてなんとかしました。

また、ブルホーン化にあたってフラットバーのブレーキやシフターをそのまま流用する場合はブルホーンバーの握る部分の外径を確認しておきましょう。

いつかはちゃんと太さの合ったブルホーンバー(もはやドロップハンドル)をつけ直したい…。

ブルホーンバーを購入する前に必要となるブルホーンバーの太さを確認しておきましょう。

【追記】2019/07/13

太さのあったブルホーンバーを買い直しました。

【追記ここまで】

ブルホーンバー購入の際に気をつけるべきにぎり径などについては下記記事で詳しく書いているので参考にしてください。

https://skcnat.info/bullhorn-custom-clamp-diameter/

ハンドルグリップを外す

まず最初に六角レンチを使ってグリップを外します。これは大した作業じゃないので簡単だと思います。

ネジを外したらハンドルバーについてるグリップを引き抜きましょう。

ブレーキやシフターを外す

次に同じ要領でブレーキやシフターを外します。これもグリップと同じ要領でやれば簡単でしょう。

ただし、ハンドルの長さ的にブレーキやシフターのワイヤーが足りず外しづらい場合がありますが、ちょっと力づくで頑張れば外れます。

頑張っても無理なら諦めましょう。

ハンドルバーを外す

ここが一番大変でした。ネジがめちゃくちゃ固かったからです。

あまりにも外れないのでフルパワーに近い感じで思い切りレンチを回したら、バキッと音が鳴って冷や汗をかきました

もっともその破壊音も本当にネジが壊れたから鳴った音ではなく、めちゃくちゃ固く締まっていたからだったようでその後問題なく外れました。

同じようにネジが硬すぎて外せない、手が痛いという場合は手袋をつけてやると良いです。

僕はその方法でようやく外せました。

ブルホーンバーをステムに通す

フラットバーが取れたら、ブルホーンバーをつけましょう。

もっともまだここで固定してはいけません。仮止めくらいの感じです。

バーを固定する前にブレーキとシフターを通す

ブルホーンバーをネジでステムに固定する前に、バーをステムに通した状態で押さえたままブレーキとシフターを通してしまいましょう。

ブルホーンバーを先に固定してしまうと、ブレーキやシフターのワイヤーの長さが足りずブレーキもワイヤーも取り付けることができなくなってしまいます。

というか僕は実際にそれをやってブレーキとシフターを取り付けられず困りました。

これを読んだあなたは間違えないでください。

ブルホーンバーを仮止めする

ブルホーンの向きを確認してネジで仮止めしましょう。

というのも、ブルホーンバーの角部分の角度は「地面と平行派」と「トップチューブ(フレームの一番上)と平行派」に分かれるようなのです。

ちなみに、僕はどちらにも合わせず自分の感覚で一番かっこいいと思う向きに合わせました。

ブレーキとシフターの位置を確認する

そして、次はブレーキとシフターをどのあたりにどれくらいの角度で取り付けるかの目安を確認しておきましょう。

というのも、ブレーキやシフターをあまり外側(角側)や角部分と同じ向きにつけてしまうと、操作する際に角部分とブレーキ、シフターが干渉してしまい非常に使いづらいのです。

もっとも、ブレーキやシフターを先に本締めしてしまうと今度はハンドルバーを締める時にブレーキが干渉してしまうのでここではブレーキ、シフターを締めることはせず、目安を確認するだけに留めましょう。

ブルホーンバーを固定する

ここまで来たらあとは締めていくだけです。まずはブルホーンバーを本締めしましょう。

ここで大切なのはガッチリ締めることです。

ガッチリ閉めないと安心して自転車に乗れなくなってしまいます。すべて作業を終えてから乗ってみたらハンドルがぐらつくというのは最悪の事態。

僕の場合、噛ませたアダプターが悪かったのか自分の占める力が足りなかったのか、本当に若干ですがぐらつくようになってしまいました。

先っぽに極端に力をかけることをしなければ通常使用では問題ないのですが、ブルホーンの角の先端部分に全体重をかけるのはちょっと怖いかな…という感じ。

【追記】2019/07/13

太さのあったブルホーンバーをつけ直したところグラつきは全くなくなりました。

【追記ここまで】

もちろんネジがぶっ壊れないように注意する必要はありますが、注意しつつも自分が思っている以上に固く締めたほうが良いのは間違いありません。

というのも、ブルホーン化の際には最後にバーテープを巻くためやり直そうとするとバーテープが無駄になってしまうからです。

さらに、このブルホーン化の場合ブレーキやシフターがかなり中央よりになり、ハンドルバーを固定しようとすると干渉する可能性が高いのです。

上記2つの理由によりブルホーン化後には締め方が緩かったと思ってもやり直すのは抵抗があるでしょうから、この段階でガッチリと締めておきましょう。

僕もこのアドバイスをやる前に聞きたかった…

ブレーキとシフターを固定する

ブルホーンバーを固定できたら次にブレーキとシフターを固定します。

こちらも乗車中にずれるとストレスにしかなりませんから、ガッチリ止めておきましょう。

ただ、ブレーキやシフターは緩くても締める際に干渉物はなく、問題なく締め直すことができるのでハンドルを固定するときほど神経質になる必要はないかもです。

バーテープを巻く

ここまできたら最後。バーテープを巻きましょう。

バーテープの巻き方はこの動画を参考にして行いました。

僕はいつもテニスのグリップを巻いているので似たような要領でやったら簡単でした。

強いて注意事項をあげるとしたら

  • 巻き始めはブルホーンの先端側から
    エンドキャップをはめるために巻き始めに少しだけテープを余らす
  • 強めに引っ張りながら巻く
  • ハンドルが曲がっていないところは重なりを均等に
  • ハンドルが曲がっているところは均等さより弛まないようにすることを優先
  • 巻く向きは左右対称になるほうが美しい

このくらいですね。僕が使ったのはこのバーテープです。

注意して巻いてみましょう。巻き終わったらバーテープを斜めにカットし、付属のエンドテープで留めて作業終了です。

この方法ならブルホーン化は意外と簡単

一番簡単なブルホーン化の手順は以上になります。

この方法であれば、ブルホーン化は想像より遥かに安く(3500円程度)手軽にできるので、興味があったらぜひやってみてください!

https://skcnat.info/bullhorn-handle-merit-demerit/

https://skcnat.info/crossbike-short-stem-90mm-to-32mm/

まとめ

まとめると

ブルホーンカスタムは簡単でコスパも悪くないのでおすすめ

ということで、総合的に見ればやはりブルホーン化はメリットのほうが上回るなというのが正直な感想です。

そんなに金もかからないし、ロングライド向きのカスタムをしてみたいという人には結構おすすめできます。

ぜひ試してみてください!そんじゃ!

【追記】2019/05/31

他にもいろいろなカスタムを施したのでまとめました!!

https://skcnat.info/crossbike-speedup-custom/

https://skcnat.info/more-useful-crossbike/

【追記】2020/03/07

ブルホーンにしたらハンドルがすごく遠くなったので、ステムを切り詰めました。

https://skcnat.info/crossbike-short-stem-90mm-to-32mm/

クロスバイクに関する関連記事

クロスバイクに関する記事が埋もれていて見づらかったので、全てジャンル毎に一覧にしてまとめました。

https://skcnat.info/crossbike-category/

他の記事を探す際には参考にしてみてください。